【レイキと西洋医学のいいとこ取りを!】

レイキは西洋医学とは違うジャンルなのはご存知かと思います。
補完代替医療ホリスティック医学などと呼ばれています。

鍼灸、整体、カイロプラクティック、ホメオパシー、アロマセラピー、ヨーガ、アーユルヴェーダなどもこのホリスティック医学に含まれます。
つまり、西洋医学以外はホリスティック医学になります。

西洋医学とホリスティック医学の何が違うのかというと、西洋医学は臓器単体、病気単体をターゲットとして診る。
一方、ホリスティック医学は人の身体全体を見渡して診る。

ターゲット、コンセプトが違うのです。

この両者、どちらにも熱狂的なファンがおりまして。。。
西洋医学しか信じない人、西洋医学を全否定してホリスティック医学だけの人。

人それぞれ主義信条があるので、それを否定するつもりはありませんが、
個人的にはどちらにもメリット・デメリットがある、と思うのです。

西洋医学は急性期疾患にはよく効きますが、長期慢性疾患は苦手です。
ホリスティック医学は急性期疾患に即効性がない場合がありますが、西洋医学が苦手とするような慢性疾患、原因不明の症状によかったりする。

先日私も頭痛があまりにも激痛で、西洋の処方薬を頓服として飲みました。
でも、激痛もおさまり慢性痛になったときにレイキが大活躍。

もちろん、激痛時にもレイキをしたので、超激痛にはならなかったんだと思います。
ただ、西洋薬のおかげでその日のQOL(生活の質;quality of life)はずいぶん上がりました。

やはり、その疾患、状態、体調を見極めて、両者をうまく使い分けるのが結局はお得かと思います。レイキは西洋医学を否定するものではありませんし。

そのためにはまずは健康、病気などに対する正しい知識を収集し、自分の身体に敏感になる必要があります。

レイキをすると自然とこのような情報や状態に敏感になるので、そういう意味でもレイキはおすすめです。
偏らず、うまくバランスを取りながら健やかに暮らせるといいですね。

moffではレイキを中心にそんなあなたの健康のためのお手伝いをするのがミッションです!



Share