【過度な緊張を和らげ,本領発揮のために】

西洋レイキの2ndディグリーでは様々な技法を学びます。

そのうちの一つが未来にエネルギーを送る技法です。

特定の日(受験,プレゼン,何かのイベントなどあらかじめ予定されていること)に対して送ります。
自分にも他人にも送れます。

当日緊張しないように,本来の力を発揮できるようにエネルギーを送ります。
当然ですが,本人の実力を超えたことはできませんし,漠然とした未来にエネルギーは送りようがありません。

人生は自分で切り開くものです。
自分で何もしないで,他力本願では何も得られません。

レイキのこの技法はそんな人生の一時を助ける役割にしかすぎません。

なぜ今日,これを書いたかというと…
私,明日,ギター発表会なんです!
もちろん,自分の実力以上の演奏はできないことは重々承知しております。

せめて余分な緊張をせずにできますようにと,
この技法でこれから明日に願いを込めたいと思います。



Share